東海製紙工業株式会社

100%再生紙トイレットペーパーの製造・通信販売

0545-51-1161

月~金 9:00~17:00
(土日祝は休み)

リサイクル事業

1. 環境型社会への取組みはスタンダードになりました。

全地球的な規模で拡大する環境問題への対応の一環として、環境型社会の実現は我々人類にとって不可欠のものであり、同時に緊急の課題です。弊社は再生紙トイレットペーパー製造業の立場から、特に『紙』に関するリサイクルの課題に正面から取組んでいます。

企業各位と共に、リサイクル社会において確固とした地位を確保するため『リサイクルの環の形成』を推進しています。

リサイクルの環の形成

企業各位との間にリサイクルの環を積極的に構築してゆるぎない社会的ポジションの確保を目指すと共に、リサイクルの環を回転させる役割を果たしていきたいと考えています。

2. 家庭紙業界で初の「産業廃棄物中間処分業許可」を取得しました。

企業各位が取組んでおられる環境の諸課題に的確に対応するため、次の3つの資格を取得いたしました。

産業廃棄物中間処分業許可証

(1)産業廃棄物中間処分業許可

2001年12月21日取得 (第02221082192号)
いわゆる『もっぱら業』から脱却し、産業から発生する多様な紙類に廃掃法上何等の問題なく対応できるように、取得いたしました。

(2)一般廃棄物処理施設設置許可

2002年12月24日取得 (許可番号環廃第42-3号)

(3)ISO14001(国際環境規格)

2003年1月31日認証取得 (登録証番号JQA-EM2947)

3. 難離解古紙の処理技術の確立

当社は2001年8月に難離解古紙を処理し連続的に古紙パルプを製造出来る画期的な『ニーディングパルパー』を導入しました。従来、『禁忌品』とされていた『ラミネート加工品』『紙コップ』『窓付封筒』『紙パック』『通行券』等、再生困難である特殊加工された紙類(難古紙)を、良質なトイレットペーパーに効率的に再生加工する事が可能となりました。
また、2008年9月には「高濃度パルパー」を増設し、品質向上を図るとともに難古紙の処理能力がアップしました。

4. 機密書類や不要になった書類の処理について

当社では機密書類や不要になった書類の溶解処理を行っています。

  1. ダンボールに入ったまま、当社溶解設備で処理が可能です。
  2. 処理時の現場立会、または控室の監視カメラで処理状況をご確認いただけます。
  3. 溶解証明書の発行を承ります。(無料)

詳細は下記までお問い合わせください。

0545-51-1161(総務部 資材課) 受付日時:月~金 9:00~17:00(土日祝は休み)